チーム紹介

事務局スタッフ紹介(随時更新中)


  • 事務局長・水の人・アイデアを作る百姓

    吉冨慎作

    吉冨慎作

    • facebook

    山口県下関市出身。宇部高専時代ロボットコンテスト等で活躍するも、デザイナーに転向。その後外資系広告代理店へ移籍し、企業ブランディング・Webキャンペーン・商品開発・TVCM・ポスター制作等に関わるなかで坂本龍馬のポータルサイト「龍馬街道」を立上げ高知と深く関わっていく。2013年2月、土佐山アカデミーの想いに共感し移住を決意。中山間地域をもっと面白くをモット―に活動中!「高知で暮らす」移住者インタビューはこちら
    内閣府認定「地域活性化伝道師」/LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテータ/高知県観光特使/高知県地域移住サポーター/高知家移住促進プロジェクト[KIP]理事/スノーピークビジネスソリューションズ OSO/TOアドバイザー兼ファシリテーター/DENSO地域共創HUBメンバー/「高知家で暮らす。」情報編集部/高知市青少協委員/高知市鏡川保全審議会委員/JA土佐山青壮年部部員/土佐山消防団団員/とさぶし編集委員/しまんと新聞ばっぐインストラクター

  • ディレクター・水の人・コンセプトデザイナー

    佐竹祐次郎

    佐竹祐次郎

    • facebook

    愛知県豊川市出身。京都大学在学中から全国の農山村を巡る。同大学院では鹿児島県知覧町の戦後史を研究。アカデミックの世界での真理の探求に惹かれつつ、農山村の現場での五感を刺激される経験が心に残る。民間企業に就職するも、掛け値なしの人付き合いに憧れ高知県へ移住。越知町横畠にて地域コミュニティのいろはを学んだ後、地域おこし協力隊に。2016年より土佐山アカデミーに参画。「高知地域おこし未来会議」の立ち上げ・企画運営を通じ、高知県内各地で地域の垣根を超えたゆるやかなコミュニティづくりを支援。その他、高知ふるさと応援隊研修の企画運営や越知町で大人の学び場「越知ぜよ!熱中塾」の立ち上げ・企画運営に携わる。チェロ奏者としても活動中。

    佐川高校地域コーディネーター/仁淀ブルー通信編集委員/しまんと新聞ばっぐインストラクター/シテミヤ事務局/地域活性学会地域おこし研究部会会員/フェアリーピッタさたけ楽団/Trio Serena

 

  • 総務

    下元祥世
    FullSizeRender 84

    高知県高知市出身。約8年の東京暮らしの後、2013年”四国で一番ちいさな町”田野町の地域おこし協力隊として高知へJターン。2015年室戸市へ拠点を移し、地域の人々とのつながりを生かした複数のナリワイをしつつ、任意団体「home base」を拠点に、イベントの企画・運営やガイド活動などを行う。サポートスタッフを経て2018年より参画。「高知で暮らす」移住者インタビューはこちら

  • 召喚士

    羽田成宏
    羽田さん

    株式会社デンソー東京支社バリューイノベーション室及び慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科に所属。民生機器・宇宙開発装置・車載機器等の光学システムの設計及び研究開発に従事してきた。その後VRやARを活用した車載HMIの研究を進めながら、自動運転時代の交通社会のデザインに興味を持ち、現在は、イントレプレナーシップ経営戦略と現象学的デザイン思考、身体性認知科学を統合した設計論を武器にモビリティを起点としたwell-being cityの実現に向け活動中。

  • 笑顔で人とコミュニケーションを取るエキスパート

    立野雄二郎

    tatuno

    北海道室蘭市出身。現在は高知大学地域協働学部に在学中。高知県土佐町石原地域をフィールドにして活動中。高校1年生の時に初めての海外でカンボジアへ。そこで初めて自分の軸は「笑顔」であると確信する。それ以来、1人でも多くの人に笑顔を届けるために「笑顔は伝染するものである」というのを合言葉に、日々活動している。

  • サイエンスデザイナー

    笹岡美穂

    笹岡

    愛知県出身。信州大学大学院で地球科学を専攻。10年ほど各地の研究所などを渡り歩き、9年前に夫の地元高知へ定住。3年前にサイエンスデザインの会社を設立。科学の情報をコミュニケーションに適した形に整えることを主軸に、サイエンス&アート表現&ヒトを「つなぐ」活動を始めています。グラレコにも挑戦中。2016年より高知大学の短期研究員として、ビジュアル・サイエンス・コミュニケーションの実践研究も行っています。

  • 旅するおむすび屋・むすぶ人

    菅本香菜
    sugamoto

    1991年、福岡県北九州市出身。熊本大学卒業後、不動産会社での営業を経て、食べものつき情報誌『くまもと食べる通信』の副編集長として活動。熊本震災後に上京し株式会社CAMPFIREに転職、LOCAL・FOOD担当として全国各地のクラウドファンディングプロジェクトをサポートしながら日本の魅力発信に努める。本業の傍ら2017年5月に、旅するおむすび屋『むすんでひらいて』プロジェクトを立ち上げた。

  • プランナー

    高木健太

    takagi

    1979年、東京都出身。日本大学芸術学部 卒業後、デザイン事務所、飲食業、調理器具メーカー等を経て、外資系広告代理店I&S BBDOへ。2015年に「東北食べる通信」の高橋編集長 のトークイベントでの「小さくても旗を立てよ」の言葉に背中を押され、クリエイティブで培った企画力や人のつながりを生かし、代理ではなく当事者として、自身の想いを直接世に発信したいと2枚目の名刺を刷り、うちの味を映像とレシピでつなぐサービス「レシピバトン」を立ち上げる。その縁もあり2018年5月からNext Commons Labに参画、東京拠点「HUMANS」の運営に携わり、新しい社会のありかたを模索中。
    Next Commons Lab/HUMANS チーフディレクター/レシピバトン代表/複業実践プロジェクト ニマイメ主催/高知家ビジネスプランコンテスト優秀賞受賞

  • 高知県産 絵師

    高橋萌瑛

    36853571_2205967582968811_9202232280838307840_n

    高知県出身。高知大学地域協働学部に在学。小さい頃から絵を描くことが好きだったため、デザインに興味を持った。現在グラフィックレコーディングにも挑戦中。「描く」だけではなく、「創る」という幅広いデザイン分野について探求している。

 

理事メンバー紹介(順次アップ中)


SONY DSC

理事長 髙橋幹博

土佐山アカデミー理事長。長年、医療関係(臨床検査技師)の第一線で活躍した後、土佐山高川地区区長、株式会社LSIメディエンス顧問、鏡川漁業協同組合理事など、様々な役職を兼任しながら、土佐山の持続的な発展を願っている。

 

副理事長 山本和正

高知県土佐山都網地区生まれ育ちも土佐山。現在、専業農家として柚子、百合、四方竹などを栽培。土佐山を元気にするために活動中。土佐山夢づくりの会代表、高知市農業協同組合理事、高知市消防団土佐山分団副団長。

 
 

    • 理事

      内野加奈子

      内野加奈子

      • twitter

      ハワイ大学院で海洋学を学び、日米の教育機関と連携しつつ、自然をベースにした学びの場づくりに携わる。海図やコンパスを使うことなく自然を読み航海する伝統航海カヌー<ホクレア>の日本人初クルーとして、歴史的航海となったハワイ―日本航海をはじめ、数多くの航海に参加。著書『ホクレア – 星が教えてくれる道』(小学館)は高校教科書に採録。2017年、絵本『星と海と旅するカヌー』(きみどり工房) を出版。

    • 理事

      山本堪

      山本堪

      • twitter

      高知県越知町出身。土佐山在住。ベルリン芸術大学を経て土佐山アカデミー創立に携わる。山仕事とデザインのスタジオ・モント工房/炭焼き・土佐山七厘社代表。土佐山桑尾地区公民館長。

    • 理事

      林篤志

      林篤志

      • twitter
      • facebook

      愛知生まれ、豊田高専卒業後、システムエンジニアを経て、独立。さまざまなプロジェクトの立ち上げに携わり、現在、学びの場・食・地域などをフィールドに横断的に活動中。

    • 理事

      木下敦子

      木下敦子

      高知市出身。東京女子大学社会学部にてマス・コミュニケーション論専攻。大好きな高知でUターン就職。転居先の放送局でニュース番組や生活情報番組の企画制作、リポート等担当。地域に根差した取材活動をする中、市民活動に関心を寄せるようになり、公設のNPO支援センターの開設を機に、中間支援組織のNPO専従職員に採用。設立当初から6年間NPO法人の運営に携わる。他、国の機関等多種多彩な勤務経験をもつ。

トップページへ戻る

土佐山アカデミー