毎日のクリックで私達の活動をご支援して頂けます!詳しくはこちらから。

土佐山アカデミー 東京分校 Vol.1

開催期間:2014年2月15日(土)

終了

ウェブ用
 
土佐山アカデミー東京分校、始まります。
 
高知の山間部、人口1000人の土佐山地域で「地域の持続を目指した学びの場づくり」を目指し始まった土佐山アカデミーは2011年の立ち上げ以来、3年目を迎えました。
 
土佐山アカデミーにとって、東京は切っても切れない街です。
こういう活動をしていると、たまに、”都市か田舎か”的なことを耳にはさんだり、「東京はもう終わりだよね」的なことまで言う人もいますが、そんな二極対立的な話じゃ、何も生まれません。
 
田舎と都会の知恵を出しあって環境問題と社会問題をいっぺんに解決するようなアイデアが生み出せたら。
そんな想いから、土佐山アカデミー東京分校を小さくスタートいたします。今回は、設立以来“何を考え、何をしてきたのか”というご報告と、東京分校を含む、近い未来の展望をお話できればと考えています。
 
東京分校は、「飲みながら、語らう!」の高知スタイル!お楽しみに。
 
TA集合写真
 
日時:2014年2月15日(土) 18:00~21:00(17:30開場)
会場:渋谷ヒカリエ 8F Creative Lounge MOV aiiima2
定員:20名程度
参加費:3,000円(土佐山の食材を使った軽食と高知の地酒をご用意いたします。)

当日のスケジュール:
18:00 あいさつ・乾杯(飲みながら、語らう!高知スタイルです)
18:05 プレゼンテーション「アカデミーのこれまで、今後」
19:00 トークセッション「東京はどうする?東京分校でできること」
19:45 あとは懇親会
20:30頃 締め
※スケジュールは変更になる可能性があります。
 

協賛:
suigei
 
酔鯨の仕込み水は土佐山地域の湧水です。水資源の豊かな高知県にあっても水量の豊富な「鏡川」の上流域、この地区で取れる源流水にこだわっています。周囲を山に囲まれ、そこで育まれる豊かな生態系のもと、水資源も守られてきました。酔鯨もこの自然の恵みであるお水を分けていただき、お酒造りに生かしています。土佐の風土に根ざし、その環境があるからこそ育まれてきた土佐のお酒です。
酔鯨酒造Webサイト

 
 
 

イベントレポート!

事務局の吉冨です。
未明に観測史上最高の積雪を記録した2/15。渋谷ヒカリエ8FのCreativeLounge MOV にて
土佐山アカデミー東京分校を準備イベントを開催しました!
 
当日は、20名を超える多彩な顔ぶれ(というか分校なので学生?)が集まり、
これまでの活動や来年度のプログラム(カリキュラム)について説明。
その後、この東京分校を単なる説明会で終わらせるのではなくもっと土佐山や日本の地域を体験したり、
みんなのアイデアを試したりする場にできないかとうことで、グループディスカッション。
 
地方の商品を世界に売り込む仕事をしている人、営業なら任せて!という人、照明のプロフェッショナル、
広告代理店のプランナー、雑誌の編集をされている方、いつかは高知に移住したいかたなど
様々なバックグラウンドを持つ人たちがたった15分という時間でまとめたアイデアは、
どれも「すぐにでも始めたい!」ものばかりでした。
 
例えば
  ・実際に土佐山の人たちにも会ってみたい!
  ・逆に、土佐山に僕等が行ってみよう!
  ・そのために、どうする?東京分校チームで1軒借りてタイムシェアする!?
と、いい意味で学生ノリ?(笑)
 
都会の人が考えそうなことだとか言うなかれ。
都会にいる人のアイデアをどう実現しあっていくかが鍵だと僕は思います。
そして、都会にはこれを実現するための知恵とネットワークをもっている人が
沢山集まっているのが心強いんです。
 
勢いで、僕もその場でいろいろ大風呂敷を広げてしまいました(笑)
実現に向けて全力で頑張ります!!
スポンサー頂きました、酔鯨酒造さまありがとうございました!
 
 
IMG_5687IMG_5689IMG_5691IMG_5679IMG_5683IMG_5685IMG_5684IMG_5686IMG_5693IMG_5670
 
 
東京分校に興味のある方は、お気軽にお問合せくださいませ。
 
Webサイト  http://tosayamaacademy.org/contact/
メールから  shinsaku.yoshitomi@tosayama.org
電話     080-1539-9137(吉冨携帯)

トップページへ戻る